私は美容師、今日も休みなし


装幀

装幀 (そうてい)とは、一般的には本を綴じて表紙などをつける作業を指す。広義には、カバー、表紙、見返し、扉、帯、外箱のある本は外箱のデザイン、また製本材料の選択までを含めた、造本の一連の工程またはその意匠を意味する。そして、装幀を担当する専門家のことを装幀家、装丁家と呼ぶ。また、装幀と本文のデザインなどを含めた図書設計を行う専門家のことを、図書設計家と括る場合もある。漢字表記について「そうてい」の漢字の当て方は不安定で、「装幀」または「装釘」、「装丁」とも表記されるが、元来は装(よそお)い訂(さだ)める意味の「装訂」であるとも言われる。明治までは、造本作業は単に「製本」と呼ばれたが、明治末年頃からの出版文化の発展とともに、装い釘(てい)じると言う意味の「装釘」が使われ始めた[1]。「装釘」は「装い釘うつ」を意味する熟語として中国古代より存在した熟語である[2]。1920年代後半からは、釘との連想を避けて「装幀」と表記することが多くなった。1946年(昭和21)に発表された当用漢字表には幀・釘ともに入っていなかったため、1956年(昭和31)の国語審議会報告「同音の漢字による書きかえ」では、装幀・装釘には「装丁」が置き換えられることとされたが、装幀や装釘も一般に用いられている。“そうてい”逸話大正から昭和初期に、民族学や考古学の名著を多数世に送り出した岡書院店主の岡茂雄は、壊れない本造りにこだわり、「装釘」の表記を好んで用いた。ついには「装釘同好会」の創設に参加。機関誌『書物と装釘』(1930年刊)が刊行される。岡はでき上がった本を床に叩きつけ、堅牢に仕上がっているかを試したと言う[3]。また、岩波書店の創業者岩波茂雄も、社長室で、でき上がったばかりの本を床に叩きつけ、試したと言う話が伝わっている[4]。装幀とブックデザイン(ブック・デザイン)「装幀」と「ブックデザイン」という言葉は、同じ意味で使われることも多いが、そうでない場合もある。たとえば、書籍そのものにおいて、ブックデザインカバーデザインカバーイラストレーション(カバー絵、装画)と分けて表記されている場合もあり、このような場合には、「ブックデザイン」はカバーを除いた部分、すなわち、書籍本体のデザインのみを意味する。ブック・デザイナーの桂川潤によれば([1]、[2])、装丁:たいていは「本のジャケット、表紙、本

区立中美術室から出火=全員避難、けが人なし−東京・江戸川(時事通信)
消防法改正で好況 大阪国税局、警報器設置業者を脱税で告発(産経新聞)
伊藤博文の夜会メニュー展示=山口〔地域〕(時事通信)
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円(医療介護CBニュース)
「撮り鉄」問題で大阪府警が見分=鉄道営業法違反で立件も(時事通信)
[PR]
by dyiwiluwzc | 2010-03-02 01:18

<< 岡山・倉敷で母子3人刺される ...      靴下の中から盗んだタスポ ひっ... >>

美容師の仕事、一生懸命がんばります。
by dyiwiluwzc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧